~とある御堂のブログ的な~

平凡な日常とネトゲの日常と~noobの考察~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

連携

~連携編~
今回は連携について考えてみましょう
そもそも連携とはなんぞや?というと、どれだけ迅速に味方をカバーし、有利な状況に持ち込むかだと御堂は考えています

それでは早速連携について考えていきましょう

まず初めに、強いクランと、強いPLAYERの違いを考えてみましょう

PLAYER単位における強さというのは、やはりAIM能力、立ち回りそして生存力のようなものがあげられるかと思います。

では、クラン単位での強さってなんでしょうか?
AIM?立ち回り?KD?スコア?
 
御堂はずばり連携だと思っています

さてさてクラン戦中にこんなことはありませんか?
・敵を一人確認して応戦、いったん引いてもう一度顔を出すとそこには味方の増援がいてやられた
・正面に敵の本隊を発見し応戦。応戦中に裏やサイドから敵の奇襲にあい、死亡
・攻めのときに設置地点に二人発見しそのうち一人を撃破。中に敵は一人だと思い飛び込んだら、
 連絡通路や裏から敵の増援が来ていてやられた
などなど
これら全て連携によるものと考えていいと思います

冒頭でも書いているように連携とはいかに味方をすばやくカバーしつつ、常に有利な状況に戦況を運ぶかが鍵です
残念ながら、クラン戦をしていて連携が出来ているメンバーは現在正直に言って本当にごく一部しかいません
敵発見や、死亡時の敵情報の報告はかなり徹底できてきてはいますが、厳しく言うと現時点では
報告を言って、または聞いても言うだけ、聞くだけで動かずにそれで終了という状態です。

”報告後の行動”が出来ていないのです

報告後の行動とはなにか?
たとえば、INDIAを例にして考えて見ましょう
つい昨日このようなことがありました

メンバー:御堂PM、フルドリカAR、ロレンスSR、椎名っちAR、の4人
敵は正直強いクランで、なかなかポイントをとることが出来ないまま守りになった時のことでした
御堂がU字及び2中を、フルドリカがセンターを、ロレンス、椎名っちが1中を守っていました

開始後最初に入ってきた報告がロレンスの「いたいた一人みつけた~」椎名っちからも「音がしたかも」という情報がきました
この時点で1側に最低一人確認ということで1攻めの考えがメンバーに生まれたと思います。
ロレンスが一人をやっつけたことで全体の状況では4:3と一見有利な状況です
次に入ってきた情報がフルドリカから「センター敵発見・・・・・二人おる!」との報告でした
この段階で少なくとも御堂のなかでは1攻めが確定しました
TABを押しMAPを確認するとフルドリカがセンターを少しずつ下がっていて椎名っちとロレンスは変わらず1中にいました

御堂はこの時まずい!!と感じ移動を開始しました
フルドリカの報告を聞いた時点で御堂が注目したことは
・敵の残数が3名
・1中を二人が守っている
・センターのフルドリカが敵を二人発見し”下がっている”
この3点

即U字出口からセンターを除くと、案の定下がるフルドリカを敵が追っていました。
これを撃退し、結局そのラウンドはきっちり獲ることができました

さてなぜ御堂はまずいと思ったのでしょうか?
それは人数差です
全体の人数差は4:3で有利です。ただフルドリカと御堂のポジションには味方がだれもいません
敵は一人味方が減ったことで、常識なら固まって行動しているはずです
フルドリカの報告が正しければ少なくともセンターは敵2人に対してこちらはフルドリカ1人
もしも1側にいたもう一人が合流していればセンターは1:3という極めて不利な状況になります
ここでフルドリカがやられた場合、御堂の周りにも味方はいなく、センターは制圧されてしまうため
必然的に2側で御堂も1:3という状況で戦うことになってしまうのです
これが人数差の怖さです
そのため動けないフルドリカを御堂がカバーに回ることによって少なくとも圧倒的不利な状況になることを防いだのです

これは連携がうまくいったパターンでした。

しかしこの試合、連携の悪さで獲れるゲームを1つ落とすという状況もありましたので紹介します
その時は同じく守りでさっきとほぼ同じ配置でした

この時ラウンド開始早々1側で一人撃破、U字を詰め、私も敵を一人倒し、C4を発見しました
人数差4:2、さらにはU字入り口中でC4ダウンという完全にこちらが圧倒的有利な状態です
この時私は「C4ダウン。U字中C4ダウンだよ」と報告。
すかさずフルドリカがU字に向かってくれましたが途中、中央通路で敵にやられてしまい、3:2の状況になってしまいました
しかし依然C4はダウンしていてこっちの有利は変わりません
問題はここからでした
中央通路にはフルドリカを倒した敵が一人います。こっちの味方は1から動かず御堂は一人です
「C4ダウン カバーきて!」と再三言うものの、ロレンスは中央に敵がいるからと動かず、
また遅れて椎名っちがこちらに向かい始めるも、2中を回って行った為私は挟まれて死亡、結果残り二人もやられてしまい
4:2、C4ダウンという圧倒的状況だったにもかかわらず、連携が取れなかったためラウンドを獲られてしまいました

うちの連携の甘さが顕著にでた試合でした

でわ一体どうすればよかったのでしょうか?どうすることが”良い連携”となるのでしょうか?
御堂なりに考えてみたことをまとめてみます
・大前提としてMAPをちゃんとみる。 MAPにマーカーがついているのに敵どこ?とか味方どこにいるの?などは論外です
・ゲーム開始時味方の兵種及び配置を確認する
・報告を聞いて終わらない。カバーに行ったほうがいいのか?行くべきでないかを判断する。または仲間に意見を聞く
・即断即決。迷わずに臨機応変に行動することで無意味にとまっている時間を減らす
・敵をまっている時は一人でも、迎撃するときには複数人で迎撃する
・C4ダウンを確認、又は連絡が入ったらすぐにC4の位置に集合、C4を守る。
簡単にまとめるとこんなところでしょうか
連携は、それぞれが仲間のことを常に意識し、サポートしてあげることでうまく取れるんじゃないかと思います

あとは自分勝手な一人プレイをしない事が大事だと思います

参考になれば幸いです

御堂


↓クリックすると御堂のやる気がUPするかも!?
A.V.A ランキング

| 未分類 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://toarumidou.blog137.fc2.com/tb.php/7-14087629

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。