~とある御堂のブログ的な~

平凡な日常とネトゲの日常と~noobの考察~

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

爆破考察

~爆弾の設置と解除編~
今回は爆弾の設置と解除について考えてみます


・爆破側の場合
爆破側の勝利条件は敵の殲滅又は対象オブジェクトの爆破です
基本的にはC4を運んで設置し爆破するというのが一連の流れになってます
ではC4の設置について考えてみましょう
 
時間がないなどの急ぐ状況でない限り、基本的には1又は2の設置地点を制圧した後、周囲の安全を確認し、設置を行います
この際に注意すべき点はなんでしょうか?
あくまで私個人の意見ですが、私は”味方と敵の人数差”だと思っています

 1:味方のほうが人数が多い場合
敵よりも味方の残数が多い場合は余裕を持って守れるかと思います。
設置地点への進入経路は大体2~4箇所です
MAP毎に具体的にあげてみると
・DS 1側は整備庫からとテロ部屋方面からの二箇所、2側は坂、連通、シャワー室方面からの三箇所
・HB 1側は橋上方面とNRFリスポ側からの二箇所。2側は倉庫側とコンテナ側の二箇所
・BS 1側は船長前からとNRFリスポからの二箇所、2側は冷却室側とNRFリスポ側とダクトの三箇所
・FH 1側は1階段。中マン、リスポ及びプール側の4箇所、2側は設置入り口とラジオ部屋と暖炉部屋からの3箇所
・CANON 1側は1階段、1芋ポジの二箇所、2側は2芋ポジの一箇所 
・INDIA 1側は1階段、NRFリスポ、ダクトの三箇所、2側は連通、U字側からの二箇所
となっています
進入路が多いところもありますが、同時に複数守れるポジションもありますので、進入路を見る人員は多くても2,3人で足りるでしょう
つまり守り方としては、人数が3人以上いた場合はほとんどの場合において設置地点内の守りに余りが発生することになります
全員で深く守ってもいいですし何人か設置地点外に出て迎撃や時間稼ぎをするのもありです
  
 2:敵のほうが人数が多い場合
敵のほうが人数が多くても1であげたように進入路は多くても4箇所、殆どは2箇所なので見るべきところは限られてます
結果的に人数に差があっても、守るべきところを守っていれば少人数でもC4を守りきることが出来るのです!
こういう時こそC4を隠すスモークの使い時かもしれませんね
なぜならC4設置後は1秒が非常に重要になるからです

設置側は、C4設置後は爆発までの時間、解除をさせなければ良いだけの話なのです
相手を無理に殲滅する必要はありませんし、守る側に変わった以上深追いする必要は一切ありません
極端にいってしまえば設置地点の中に入られて解除されていても、ちょくちょく威嚇射撃をしてちょっかいをだすだけでも十分なのです
このC4設置後の状況は守り側は場所がほぼ固定されてしまい、不利なように思いがちですが、やりようによっては自分よりも優れたPLAYERに
勝つことが出来る絶好のチャンスでもあります
 
あくまで”解除させない”事が重要なんですね



・解除側の場合
解除側の勝利条件は敵の殲滅又は対象オブジェクトの守護です
基本的に設置にくる敵を各個撃破しながら爆破オブジェクトを守るというのが一連の流れになっています
今回はC4を設置された後のことを考えて見ましょう
 
C4を設置された後は敵を殲滅しても終わりではなく、設置されたC4を解除して初めて勝利となります
つまり設置後は迅速に敵を倒し、早急に解除に向かわなくてはなりません
でわ今回も人数差に焦点を置いて考えて見ましょう
 
3:味方のほうが人数が多い場合
例えば味方が4人、敵が2人だとしましょう
まずもって敵はそれぞれ各進入路を一人ずつ守っていると思われます 
ということはこちらが二手に分かれても必ず有利な状況で戦うことが出来ます
また、敵の兵種によっては同じ進入路から4人まとまって侵入するのもありです
当然のことですが味方の人数が多ければ、それだけ有利にミッションを進めることが出来ます

4:敵のほうが人数が多い場合
味方よりも敵のほうが人数が多い場合どのように解除を行えばいいのでしょうか?
例えば敵が3人、味方が自分含めて2人だったとしましょう
一見人数的に不利なように感じますが、実はそんなことはありません
1で書いたように進入路はだいたい2,3箇所、多ければ4箇所もあります
常識的に考えれば敵は各進入路をそれぞれ見ているでしょう
3人で一箇所をがん見なんて守り方は通常まずしないです
・・・気づきましたか?
そう、相手が3人で味方が2人という一見不利な状況でも、各進入路を守ってる敵の数は一人、多くても二人なのです
つまりこの場合、2人でまとまって一つの進入路から入っていけば、多くても2対2、運がよければ2対1という少なくともイーブンな状況で戦うことができるのです
  
   
難しく書きましたが簡単にまとめると、大事なのは”EU側はC4設置後に攻め側から守り側に変わる”、”NRF側はC4設置後守り側から攻め側に変わる”ということです

参考になりましたか?
これはあくまで御堂の考えであり異論反論は全然OKですし、これが全てと言うわけでもありません
むしろもっと優れた考え方はあるかと思います;
あくまで参考にして頂けたら幸いです

御堂   

 ↓クリックすると御堂のやる気がUPするかも!?
A.V.A ランキング

| 未分類 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://toarumidou.blog137.fc2.com/tb.php/6-3b9d6e5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。