~とある御堂のブログ的な~

平凡な日常とネトゲの日常と~noobの考察~

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マウスパッドレビュー「AIRPAD,G-TF,紫電改」

Hi all 御堂です

今回上記タイトルに載っている三種のマウスパッドの比較及びレビューをしたいと思います

まずは今までAVAを始めてから二年間使い続けてきた相棒であるAIRPADに関して
公式サイトはこちら
ap_top.jpg

AIRAPADの最大の特徴はシリコンであることです
製品の細かい成分や仕様に関しては上記公式サイトをご確認下さい

FPSで使う面でAIRPADの特徴を説明すると
「良く滑り,良く止まる」&「高耐久」
FPSで大事なマウス動作に機敏に反応し,しっかり止まってくれます
非常にバランスが良く,またシリコン製なので丸洗いも出来,非常に長くもちます
汚れが気になった段階で手入れ,というサイクルで二年間継続して使用でき非常に重宝しました
弱点を挙げるならローセンシ向きのゲーミングマウスによくある特に大きなサイズがないことでしょうか


次に以前オフイベで手に入れて一ヶ月程使用したZOWIE GEAR G-TF
公式サイトはこちら
G_TF_speed_4d9c3a752107f.jpg

G-TFの特徴は化繊布であること
マウスパッド表面がザラザラに加工されているのでマウスのストッピングがしっかりと出来ます
「とにかくよく止まり,微細な動きにもしっかり反応できます」
ただ,個人的には滑りの面ではやや滑りにくいと感じました
マウスの動作を感覚ではなく,マウスを何cm動かしたらゲーム内でどれほど動くか把握してドラッグする方には良いと思います
欠点としては滑りという点ではあまり良くないといったところでしょうか
全体的にかも無く不可も無くなマウスですが逆に抜きん出た特徴がないマウスだと感じました


最後にここ最近メインで使用している紫電・改に関して
公式サイトはこちら
400shidenkai.png

紫電改の最大の特徴はガラスコーティングであること
とにかくマウスの滑りやすさで言ったら他の布マウスと比べ物にならないです
「兎に角よく滑り,とっさの急激なドラッグにストレスなく対応できます」
FPSでマウス動作をする際にやはり引っ掛かりがあると気になりますよね
こいつはそんな引っ掛かりは一切無く,マウス動作という点でみたら非常に優れた性能を持っています
しいて欠点を挙げるのなら滑りすぎるので,最初は感覚よりもドラッグが行き過ぎることがあるかも
という所でしょうか
あとなにこのピンク色。なんでこの色にしようとしたの?絵の具失敗したの?

さて非常にかんたんではありますが自分が現在所持している三点のマウスパッドをレビュしてみました

個人的な評価と致しましては

滑り

紫電改>AIRPAD>>G-TF


止り

AIRPAD>G-TF>>>紫電改


総評

紫電改=AIRPAD>>G-TF



個人的にはとにかく滑りを求める方には紫電改を
バランスを求める方にはAIRPADをオススメいたします
スポンサーサイト

| デバイスレビュー | 03:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

予告「マウスパッド」レビュー

明日辺りに誰得レビュー書きます

だって色んなブログにかかれてますもんねぇ;
AIRPADとG-TFと紫電
この三種類を予定してます

とりあえず僕の中では

AIRPAD=紫電>G-TF

こんな感じ

詳しくわ明日

| デバイスレビュー | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ZowieゲーミングマウスEC1レビュー

今回リランチメンバーのオフ会
つまりCW休止期間を利用してAIM改善を図る第一弾

マウスを変えてみるよ作戦を展開したのでさっそくレビューをば!

今回買ったのはZowieのEC1
なんだかマイナーチェンジだかで店頭在庫でなくなるとのことで
近場のビックでGETしてきました

細かい性能のレビューは
いろんなところで書かれているので
自分は感覚的なレビューを書いていこうと思います
でわでわ

まずは元相棒のG500との比較
IMG_6302.jpg
大きさはほぼ同じ
持った感覚も大体同じでした

自分は摘み持ち派なんですが
EC1,確かに摘み持ちもできます
でも,手が大きくない人はマウスのクリックが根元付近になり
連打とかちょっとしづらいです
また同じく手が小さいという理由で
摘み持ちするとサイドボタンは片一方しかとっさには押せないです

被せ持ちには最適かと思います
摘み持ち派,又は手が小さい方は
一回り小さいEC2がいいと思います

次にセンサーの位置
これがマウスのど真ん中にあります
そのため,G500のような
先端にセンサーがついているタイプのマウスを使っていた場合
根本的な動かし方を変えないと平行移動できません
まぁ使ってりゃすぐに慣れるんですが・・・

で,それに伴って軽く考察してみました
センサーが先端にあるものは手首視点で動かすと
構造的に真ん中にあるものより移動距離は減ります
結果,
今までよりもマウスを動かす感覚距離がEC1にしてから増えました
これは今自分が使っているマウスのセンサー位置によるでしょう
一般的には真ん中にあると思います

実際にこのマウスに変えて変わったこと
AIMの仕方です
完全に感覚ですが,やっぱり真ん中にセンサーがあるもののほうが
マウスを動かして当てるっていう感じが大きいです
それに伴って,前よりも自然にAIMできている気がします
まぁ気のせいかもしれませんが;
少なくとも自分はG500よりは慣れたら素直にAIMできると体感しています

次にFPSで必須となるQC
これをサイドボタンでする場合について
自分はサイドボタン派なんですが,
まずは下図を見てくださいな
IMG_6303.jpg
サイドボタンの1と2が隣接してます
このサイドボタン各自に
サブ,メイン武器と割り当てて
1,2!って親指をずらせば神速のQCが可能です
ただし
これも摘み持ちだと,もち方によっては厳しいです
僕の持ち方ではこれは無理でした><
でもサイドボタン単体もカチカチッ!っと押しやすいのでOK!

さて,ここまでは正直満足いく感じです
以下,不満足部分を
それは
マウススクロール
正直ありえない
G500ユーザーは確実にストレスマッハです
なぜか?
すっごく動かしづらい!
G500はボタンによってですが
コロコロー,スイスイーって動くのに対し
EC1はゴッロゴッロって感じ
とにかく動かん
そしてマウススクロールクリックが重い
とても重い

そしてもう一個びびったこと
僕が持っていたトスベールをEC1に貼ると
センサー部分が持ち上がり,反応しなくなる
薄いトスベールでないとしっかり反応できないです
これはびっくりでした
トスベールの種類を選ぶのでご注意を

もうひとつ
グリップ感
これが少し個人的には気になってる
側面がつるつるしてるんだよね
手が汗ばんだり,水気があったりすると
するするって摘み持ちだとマウスが抜けていく
これが個人的には少しマイナス
汗っかきではないですけど
長時間使っていると,どうしても滑り止めがないので滑ってくる
まぁそこまで気になるかって言われるとそうでもないんですけど
グリップ感の違和感はぬぐえなかったです

さて,総評にうつります
このマウスは買い,なのか,いらないい子,なのか

・・・・・
買い!!

やっぱりAIMの感覚が昔と変わって素直にAIMできるようになったのが僕は大きかったです
スクロールはちょっと残念すぎでしたが,
グリップなどに関しては後から自分で補強できますし
ドライバーいらないってのもでかいですね
オフイベとかですぐセッティングできると思います
実際ネカフェに持ってってやってみたけどしっかりセッティングできました
ゲーミングデバイスとしては非常に優秀だと思います

ただし!WEBブラウジングに関しては保障できないです
前述のスクロールが固いのが気になり,僕はストレスしか感じていないです

とまぁかんな感じです
感覚過ぎるわ!ってツッコミはなしでw
詳しい機能とか難しい言葉が出てくるようなレビューは他にいっぱいされてますので
すこしでも参考になると幸いです


~~次回はサンワサンプライのマウスパッドレビューいきます!~~

| デバイスレビュー | 02:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トスベール(カグスベール)を使う理由

Hi all 御堂です
今回はFPSをやってる人が良くマウスにはっつけてる
トスベール
こいつについて書いていくよ

そもそもトスベールってなんだよっていうと
ふすまとか椅子の足の部分とか
家具のすべりをよくするために作られている製品
一般的には動きの硬くなったふすまの下部にトスベールを張ると
ぬるぬるっとまたよく滑るようになるんですね

このトスベールの正体は

ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)
略してテフロンって一般的には呼ばれています

何に使われてんの?っていうと
フライパンの表面部分とかすべり材なんかとして使われています
このテフロンは現状発見されている物質のなかで最も摩擦係数が小さい

つまりは滑りやすいってことですね
これをマウスのソール代わりに使うことでヌルヌルとマウスを動かせるってわけですね

滑りやすければそれだけ抵抗なく手の動きに純粋に近い軌道をマウスも動いてくれます
より精密なAIMが可能になるって訳です

AIM改善とか,上達したいって思っている方は
・穴あけポンチ
・ハンマー
・トスベール
と全部で1Kで買える程度のものなので試してみると良いかもしれません

ちなみに
自分は今までAIRPADソールなるものを使っていましたが
触った感じあれもテフロンですたぶん

安価である点やマウス形状に左右されない点などをみても
トスベールの使用は試す価値ありかと思います

次回はEC1というマウスのレビューします


| デバイスレビュー | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新パソコンを組み上げろ~パーツ厳選編~

やぁ
今回は前々回に書いた自作記事の第二編を書くぜよ
題して

パーツ厳選編

まずはCPU
CPUはCorei7の2600k
kは倍率ロックフリーモデルでOC対応モデルです

マザボ・・を決める前に
御堂のPCケースはMicroATX規格なんですよね
ちなみにこれ↓
Antec Mini P180
MicroATX規格なのにミドルタワーの変体ケース
変態すぎて格安で売られていたのを秋葉で昔Getしました

すると必然的にマザーもMicroATXになります
そこで友人にお勧めしてもらったMicroATXでありながら
ゲーミングマザーがこちら↓
Maximus IV GENE-Z

このマザー
なんと標準でXFiを積んでることはもちろん
OC耐性の非常に高いマザーなんです

GPUは
GV-N570OC-13I

GTX570の中でもコストパフォーマンスに優れ
冷却ファンが三つもついてやがります
もう冷えっ冷えですぜ兄貴
いくつかのレビューサイトでファンの音がうるさいという意見がありましたが
自分の環境では一切うるさいと感じたことはありません
むしろ静かですし,ソフトを使って制御すれば一切問題がない話でした
また,標準でOCされているのですが
御堂はさらにOCして使ってます
ちなみにどっかの組合系組長さんも
「御堂と一緒 ンォッホオォオオ!!」とか言いながら買ってました

そして今回の目玉
水冷キット
今回購入したのはこちら!!
Corsair H100

ラジエーターがでけぇ!!
12cmファンが二個もついてしまう!
そして何よりよく冷えます!!
簡易水冷なので水冷初心者の僕でも問題なく導入できました

そして今回初のSSD
買ったのは
Crucial m4 SSD128GB

Crucial のM4シリーズ
Intelは高いですしってことでこの子にしました
ADATAとかは個人的にあんま好きじゃないので避けました
どこかの組合系組長は好きらしいですけど・・・

ちなみにこいつ
ネットで調べると使用時間5000時間を過ぎると不具合が発生するらしいです
でも公式からファームウェアの更新をすれば問題ないのでOKです

とまぁこんな感じに必要なものをそろえていきました
電源,メモリ,ケースは既存のものを

さ~て次はいよいよ組み立て編です

お楽しみに!!!

| デバイスレビュー | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。